男性 淋病

男性がかかりやすい淋病の症状や検査

淋病という性病は、淋菌という菌が尿道の入り口から入り、尿道の粘膜に感染して起こる病気です。
この淋病になる原因としては性交渉であり、この性交渉から感染が起こります。

 

男性の淋病の場合は、風俗で性交渉またはオーラルセックスをすることで、感染すること言われています。この淋病にかかっている男性は、年々増えてきているとされています。

 

男性の淋病の場合、症状としては性器の痛みや、強い不快感、尿道のかゆみ、違和感などの症状があります。また性器の炎症がひどい場合は、尿道からの透明または濃い乳白色の膿のようなものが出ることもあります。

 

クラミジアよりも淋病の方が痛みが激しいとされています。
淋菌が尿道に感染して、遡って精管から精巣にまでたどり着いてしまうと睾丸の炎症を起こすことがあります。これにより、睾丸が激しく痛み、精巣から血液中に入り込み、高熱が出ることもあります。

 

男性の淋病の検査としては、長時間排尿をしないで、トイレで採尿をしし、尿中の淋菌をPCR法という検査方法を用いて淋病の感染の有無を判定します。

 

男性の淋病の治療法としては、抗生物質の飲み薬を服用することが、主な治療法となります。

 

まずは、抗生物質の飲み薬を7日間服用し、さらに7日後に病院に行き診察を受け、症状や経過などを総合的に判断してから必要性があれば、薬をもう7日間使用します。

 

淋病のなおりが遅い場合には、点滴や筋肉注射を使用することもあります。
一般的にはクラミジアより治りが遅いと言われています。