不特定多数の体験談

不特定多数における32歳男性の体験談

性病に感染する原因に不特定多数との異性と関係をもつことが挙げられます。
今若者は、そういったことに抵抗がないので、非常に性感染症のリスクが高くなります。

 

出来る限り不特定多数との異性との関係は避けて、
信頼できるパートナーとの関係だけに絞ることが性病予防に大切なこと。

 

もし、そういった不特定多数との関係があるならば、ぜひ一度検査を受けることお勧めします。
自分は大丈夫と思っていても自覚症状がないケースもあるので必ず検診は受けましょう。

 

今回は、そういった不特定多数の異性と関係をもった32歳Yさんの体験談を御覧ください。

 

 

私は結構な数の性病にかかってきました。
恥ずかしながら一時期遊んでいた時があり、
だいたい一年間で30人くらいの人間と交渉をしていました。

 

やはり、そういうことをしていると性病にかかる確率もグンと上がります。
こういったことには気をつけなければいけませんね。

 

やはり、ある程度決まった恋人などと性交渉するのがいいのかもしれません。
仮に、そういった関係だけの友達を作るにしても、お互い性病検査を受けるのをオススメします。

 

僕は、毛じらみとクラミジアに感染しました。
下が痒くて痒くて仕方がありませんでした。
すぐに病院に行って薬を貰ったのですが、その時にクラミジアも分かりました。

 

クラミジアは自覚症状が無い場合があるようですが、僕も全く何も感じませんでした。
たまたま毛ジラミになって検査して、ついでに分かったのです。

 

不特定多数の異性と性交渉を行うというのはとてもリスキーだということを自覚して生活するべきでしょう。
確かに人間の本能ですし、楽しいですが、病気になってしまっては元も子もありません。

 

最初に性病になったのは19歳の頃でした。
相手は30歳くらいの経験豊富な人でした。

 

そうやって相手を見極めることもある種の性病呼ぼうだと思います。
あとはきちんとコンドームをつけることも大事だと思います。
しかし、そういったところに気をつけるのが大人のマナーだと思います。