性病体験談

性感染症の基礎知識を学ぼう

現代社会において性感染症・性病というのは非常に身近な病気です。
実際に性病に感染する若者や大人が増加しており、予防をすることが当たり前の世の中となりました。

 

不特定多数の異性との性交渉や、性産業の発展によって増え続けています。
これからは身近になった性病をいかにして予防していくかが問われる時代となりました。

 

ご自身の体の為、大切な彼、彼女を守るためにも予防することや検査することは必ず必要になってきます。自分は大丈夫と思っていても感染してしまう可能性は大いにあるのです。

 

人事ではなく、自分の為にも性感染症の基礎知識を学ぶことが大切。
知識を得て定期的な検診を受けて、日常生活において予防を意識するだけで
性病に感染するリスクを最大限に減らすことができます。

 

あなたの身近にある性感染症の例

 

男性が感染しやすい淋病ってどんな病気?

 

性感染症の病気で比較的多いのが、淋病やクラミジアとなります。
まずは、それらの性病を簡単に説明します。

 

淋病は、オーラルセックスでも感染が多い性感染症。
主に男性がなりやすい病気といわれています。

 

淋病になると、尿道から膿が出たり、排尿の際に激しい痛みが生じます。
さらに悪化すると、、前立腺炎や血精液症になりるので注意が必要です。

 

日本で一番多いクラミジア

 

日本で一番多い性感染症といわれる性器クラミジア感染症。
クラミジアは、あらゆる性行為で感染する可能性があります。

 

性器クラミジア感染症になると、尿道からの膿や、排尿する際の痛み、かゆみなどの症状が出ます。
悪化すると、前立腺炎や血精液症になる可能性も。

 

女性の場合は、症状がないケースも多いので注意が必要です。
症状がでる時は、おりものの増加や、不正出血、下腹部の痛み、性交時の痛みなどが現れます。
悪化すると卵管炎をおこし、 子宮外妊娠や不妊症になる可能性もあります。

 

クラミジアは自覚症状がないことも多いので、定期検査などで早めに見つけることが肝心です。

 

非常に怖い梅毒

 

最近では梅毒に感染する人は減りましたが、
一度感染すると怖い性病なので知識として症状などは知っておく必要があります。

 

梅毒は、小さな傷から病原菌が侵入して感染します。
感染したところには、しこりができて、だんだんと大きくなります。

 

悪化すると、ピンク色のあざができたり、ぶつぶつができたりします。
心臓、血管、神経、目などに重い障害が出る場合もありますので注意が必要です。

 

 

性病を予防しよう

 

性感染症にかからないためには、コンドームを必ず使用しましょう。
100%感染しないという保証はありませんが、今できる最善策ともいえます。

 

そして、不特定多数の異性との交渉を避けることが大切です。
またお店での処理などにも十分注意しましょう。

 

また、自分の体は大丈夫と思っていても定期的に検査を受けることが必要です。
性病の感染や拡大を予防するには早期発見、早期治療が大切です。

 

いつどこで感染するかは誰もわかりません。
ご自分の体を守るため、愛する大切な人を守るためにも検査は必要です。
検査は、お近くの泌尿器科や、女性ならば産婦人科やクリニック等で受診することができます。

 

もし性病検査に行くことが恥ずかしい、不安がある、近くに診察できる病院がない、
という方には自分で簡単に性病を調べることができる性病検査キットが販売されおります。
上記は、性病検査キットが細かく比較されているので非常の参考になるでしょう。

 

性感染症の基礎知識を学び、自分自身の体を知ることで性病を予防しましょう。